東京でアートメイクをするなら4Dと3D、どれがいい?

東京でアートメイクをするなら4Dと3D、どれがいい?

アートメイクをしたいけど、プランの中に4Dと3Dがあって違いがわかりません。
どれを選んだ方がいいのか知りたいです。



東京でアートメイクを検討していると「4D」「3D」または「ストローク」など、初心者の方には、わかりにくい専門用語があって戸惑っている方もいると思います。

この記事では4Dと3Dの違いを、わかりやすく解説し、どちらがオススメかを紹介しているので参考にしてくださいね。

この記事でわかること

  • マシン彫りと手彫りとは
  • 3Dと4Dアートメイクの違い
  • 4Dでオススメのクリニック


アートメイクにはマシン彫りと手彫りがある

マシン彫りと手彫りとは

アートメイクの施術には「マシン彫り」と「手彫り」があります。

マシン彫り
医療マシンを使い肌に細かいドットのインクを入れる手法。
手彫りに比べて施術時間が短く、痛みも少ないのがメリット。
ふんわりと眉ペンシルで、塗り潰したような仕上がりです。
手彫り
医療ペンを使って眉毛1本1本、毛並みを丁寧に描いていく手法。
まるで本物の自眉みたいな、自然で美しい仕上がりです。
マシン彫りのような、のっぺりとした仕上がりではなく、ナチュラルに仕上がるので人気があります。
マシン彫りよりも施術時間は長く、痛みを感じやすいかもしれません。

クリニックによっては、マシン彫りと手彫りを合わせた方法もあります。

まったく毛のない部分を施術することで、立体的に眉毛を再現することが可能です。

マロ眉や眉毛が、まったくない方に適しているでしょう。


アートメイク、2D・3D・4Dの違い

アートメイク、2D・3D・4Dの違い

アートメイクを始めるにあたり、料金表などで“2D”・“ 3D ”・“ 4D ”の用語が入ったプランを、見たことがあると思います。

【例】

  • 2Dグラデーション
  • 3Dストローク
  • 4Dストローク

それぞれの違いを解説します。

2Dアートメイク
ひと昔前のアートメイクは、ほとんどが2Dの技術でした。
ペンシルで眉毛を描いたような、くっきりとした仕上がりです。
マシン彫りで行うため、自然な印象ではありません。
料金は3D、4Dよりも安く、施術時間も短めです。
ペンシルで、くっきりと描いたような仕上がりを好む方にオススメ。
3Dアートメイク
眉毛を1本ずつ手彫りで描いていき、その細かい傷口に色素を注入するという方法です。
2Dのような、べっとりとした感じではなく、細かい毛を1本ずつ再現することができます。
立体感があり、まるで本物の眉毛が生えているような仕上がりです。
ナチュラルな仕上がりが好みの方にオススメ。
4Dアートメイク
3Dで描いた眉に2Dをミックスさせ、グラデーションの効果で立体的に見せる技法です。
専用の機械を使い、肌を傷つけずパウダー状に色素を入れます。
色素は濃くすることも可能。
眉尻にいくつもグラデーションを入れることもできるので、よりナチュラルな眉に!
3Dアートメイクよりも、さらに自然な仕上がりを好む方にオススメ。

※2D・3D・4Dの定義は、クリニックによって異なる場合があります。

「3D」となっていても「4D」と同じところなどもあるので、カウンセリングの時に確認してくださいね。


3Dと4Dアートメイクを症例写真で比較

3Dと4Dアートメイクを症例写真で比較します。

3Dアートメイクと4Dアートメイクをしたあとのイメージとしてチェックするといいでしょう。

3Dアートメイク




4Dアートメイク

この投稿をInstagramで見る

ちょっと時間差投稿になっちゃったけど先日は何ヶ月ぶりだろうってくらいに @muriam_beauty_salon に行けた😭♥️やっぱりマッサージとはまたちがって根本的な骨格から整えてもらうのも大事だね🥺✨ランジェリーの撮影前とゆうのもあって2時間びっしりコースでして頂きました🙏♥️#muriam#小顔頭蓋骨矯正#骨盤矯正 . その後は2回目の @lebrows_tokyo で眉の4Dアートメイクにも行ってきたよ✌️この写真は施術直後にメイクして撮ったんだけど眉は一切メイクしてない状態🤳✨ そして今回は産毛のヘアライン(2枚目)もアートしてもらったけど自然すぎて仕上がりにもびっくり😳👏これでオールバックヘアももっとしたくなった🤣ありがとうございました🙏✨#4Dアートメイク

shieryy(@shieryy)がシェアした投稿 –


東京でオススメの4Dアートメイク

東京でオススメの4Dアートメイク

東京で4Dアートメイクをするなら、オススメのクリニックを紹介。

2Dアートメイクは3Dや4Dのアートメイクに比べて、料金は安いけど仕上がりが全然違います。

アートメイクの持続期間は、大体2〜3年ほど。

そのため少し金額を上げて3Dか4Dでやるのが、オススメです。

3Dと4Dはナチュラルで、本物のような眉に仕上がるのがメリット。

医療機関で行なっている最近のアートメイクは3Dか4Dのプランが、ほとんどです。

逆に2Dのアートメイクを行なっているところは、少ないでしょう。

3D、4Dアートメイクの料金相場は大体、1回60,000円ぐらいです。

アートメイクは2回の施術が平均回数なので、2回で120,000円ほど。

施術者がランク制のところや、指名料が別料金になっているところもあります。

グロウクリニックは4Dだと2回120,000円。

オリジナルの施術メニュー「3Gブロー」もあります。

料金は少しアップしますが、2つの技術で肌に負担をかけず、施術も仕上がりもよいです。

エムビューティークリニックは、施術者がランク制になっています。

ブロンズアーティストの場合、もっとも安く2回で49,800円
※モニター価格です。


まとめ

東京で眉毛アートメイクをするなら4Dがオススメ

東京で眉毛アートメイクをするなら、4Dがオススメ

3Dよりも眉尻まで細かく、立体的で自然な仕上がりになっています。

3Dは手彫りで、4Dよりも料金は少し安いです。

希望するクリニックで、3Dと4Dの症例写真などを参考に決めるといいでしょう。

東京で4Dの眉毛アートメイクでオススメは、エムビューティークリニックグロウクリニック

エムビューティークリニックは、高いランクの施術者を選び、 グロウクリニックは「3Gブロー」の施術をした場合、まるで本物の眉みたいにクオリティが高いです。

無料カウンセリングもあるので、気軽に相談をしてみてくださいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました