News&Topicks

来場者が1万人を突破しました。

特別展「英国最大の巨匠  ターナー  風景の詩」の来場者が24日、1万人を突破、セレモニーを行いました。1万人目となったのは、北九州市八幡東区の会社員、高尾智紀さん(23)。西村勇晴・北九州市立美術館館長から記念品の図録などを贈られた高尾さんは「まさか、1万人目とは。たまたま会社が休みだったので、リニューアルされた美術館を見に来たのですが……」とびっくり。西洋美術が好きで、就活中の昨年もモネやダリの展覧会に足を運ばれたそうです。「ターナーの作
品を見たことはありますが、詳しくはありません。ターナーの回顧展は初めて。風景画をゆっくりと楽しみたいと思います」と話されていました。