News&Topicks

ギャラリートークを行いました。

北九州市立美術館本館のリニューアル・オープンを記念した大規模な所蔵品展「ザ・ベスト・コレクション 丘の上の双眼鏡」。会期中4回、学芸員によるギャラリートークを行います。
11月18日には最初のギャラリートークがあり、清田幸枝学芸員がモネの「睡蓮、柳の反影」▽海老原喜之助の「船を造る人」▽バスキアの「消防士」=写真=などの来歴や見どころについて解説しました。
ヤノベケンジの機械彫刻「GRAND SEED NEW〝ORGA〟」には特別に電気を流し、作動させました。
今後のギャラリートークの開催日時は以下の通りです。12月16日(土)▽2018年1月20日(土)▽2月17日(土)。いずれも午後2時から。
なお、所蔵品展「ザ・ベスト・コレクション」はターナー展のチケットで観覧できます。